※写真はイメージ

恐らく、この記事を読む人は、今焦っている状況だと思いますので、前置きすっ飛ばして解決方法へ。

尚、エンジンをかけたにも関わらず、アラームが鳴りやまない場合について書いています。

  1. 心を落ちつかせます。エンジンを停止させます。そして、鍵を持つ人が車外に降ります。
  2. 手持ちのキーレスエントリーキーやスマートキーを使って一度全ての鍵を施錠(ロック)する。この時点でアラームは止まるはずです。
  3. そして、手持ちのキーレスエントリーキーもしくはスマートキーを使って、施錠した鍵を解除(アンロック)する

これだけです。

落ち着いてやれば、10秒もせずに解除できますが、慌てると何をしているのか分からなくなりますのでお気を付けください。

アラームを止めるその他のパターン

その他のセキュリティを解除させる方法ですが、車のエンジンを始動させることで解除されることが可能な車種やセキュリティもあります。

これって言えるパターンはありませんけど、仮に上のパターンでセキュリティを解除できない時は、エンジンをかけてみてください。

上記のパターンで止まらない場合

基本的には、上のどちらかのパターンを試すことでセキュリティを止めることが可能です。

ただ、中には、セキュリティが故障したために鳴りやまないパターンも考えられます。

その時は、緊急的にバッテリーを外すことで、無理やりアラームを止めることができます。

※バッテリーを抜くときは、エンジンは切った状態で、テレビなどの電飾は切ってから行ってください。ショート防止のため、バッテリーのマイナス(黒色)からケーブルを外してください。赤はプラスなのでご注意ください。外すときはマイナス→プラス。付ける時は逆の手順でプラス→マイナスの順番です。

※必ず安全を確認して行ってください。ゴム手袋をはめるなどの対処を行ってください。何か起きましても、当ブログでは一切の責任を負いません。

そうすることでアラームなどは止まるはずです。

止まったのを確認した後、もう1度バッテリーを繋げてください。手順はしっかりと守ってください。

そこまで行ってから、再度アラームが鳴り響く場合は、セキュリティの故障が考えられますので、もう一度バッテリーを外してからディーラーなどを呼ぶのがいい選択だと思います。

アラームが鳴りやまないよくあるデキゴト

セキュリティアラームは、簡単に言えば”異常を感知した時に鳴ります”。

まぁ、異常ですから鳴るのは仕方がありませんが、実は意外と陥りやすいパターンがあるんです。

特に多いなぁと感じるのは、お子さんを車内に置いたままで運転手が車から下車して、癖で鍵をロックしてセキュリティをかけてしまった時。そして、車内にいたお子さんが車の内側からロックを解除して外に出ようとした時。

内側からロックを解除してるのに、なんでセキュリティが働くのかと驚くかもしれませんが、考えてみてください。

悪意を持つ誰かが窓ガラスを綺麗に切り取り、手を入れて内側からロックを外されたら?

なので、内側からロックを外してもセキュリティが鳴り響きます。

余談

ここはあくまで余談ですけど、このセキュリティアラームが止まらない!ってのは、圧倒的にイニシャルHから始まるメーカー車が多い印象です。

セキュリティがきつめにセッティングされているからこそ起こるので、決して悪いってことはないと思います。

ただ、H社のセキュリティはエンジン始動では解除できず、一番最初に紹介した方法でしか解除できないって事が多いです。

H社のディーラーの方は、エンジン始動で解除できると言っていましたが、一度解除した鍵をロックして、再度アンロックしないと止まらないというパターンが多いですね。※その営業の方が知らないだけって事も考えられます。

あくまで個人的な偏見も入っていると思いますが、セキュリティが止まらない!って言っている方の車を見ると、四角にHのマークが入っている事を目にしています。

先日、たまたま通りかかった住宅街で、アラームが鳴りやまない車があって女性の方があたふたしていました。エンジンは掛かるのに!って言いながら、色々と触っていたんですが、ロックして解除したら止まらないですか?と教えたら、直ぐに止まりました。

何もしなてくても5分程度で止まるんですが、色々といじったせいなのか20分程鳴り響いていたそうで、おっさんがブチギレていました。まぁかなりの大音量で鳴り響いていましたし、怒りたくなる気持ちも分かりますけどね。

駅へ向かう歩行者も多い道路に面していたし、近所の方が飛び出してきていてちょっと騒然としつつあったんですが、誰も知らないんだなって事で情報を共有しておきたいと思い書かせていただきました。

終わり。

コメントを残す